アプリ開発を企画する人の特徴

アプリ開発を企画する人には、共通した特徴があります。最も代表的なのは、社会貢献意識が強いというものでしょう。アプリは人の生活を便利にするものです。まだこの世界に存在していないアプリを開発するモチベーションは、強い社会貢献の意識から来ることが多いです。

スマートフォンとタブレットでアプリを使用する場合の違い

タブレットは画面が大きく見やすい

スマートフォンはタブレットよりも画面サイズが小さいため、アプリを使用する場合には直感的に操作ができるかが重要になります。画面をタッチするだけで楽に操作ができなければストレスが溜まる点が、タブレットとの違いです。逆にタブレットは大画面で細かい部分まで楽に見ることができるので、許容できるUIデザインの幅も広がります。

小さくて携帯性に優れたスマートフォン

スマートフォンは小型なので、容易にポケットに入れて持ち運ぶことができます。タブレットはサイズが大きく、ポケットに入れることは難しいでしょう。携帯性や可搬性という面でも違いがあり、使用するアプリの種類を変更する工夫も求められます。シーンに合わせて使いやすい方を選択するのが最も賢い方法となります。

[PR]スマートフォンのアプリ開発は業者に頼むべし!
見積もり価格を一括比較☆

[PR]通訳のアプリをゲット
No1のシェア率だから信頼度〇

[PR]iphoneのアプリ開発を任せよう!
スタッフの丁寧な対応に注目♪

アプリ開発でスマーフォンユーザーの満足度を上げよう

女性

専門業者にアプリ開発を依頼する方法

スマートフォン利用者の多くが便利だと思うアプリを開発することで、大きなメリットを得ることができます。宣伝効果はもちろん、利用者の生活を快適にすることができるのは嬉しいでしょう。しかし、アプリ開発は難しいため専門の会社に依頼する必要があります。そこで、自社ホームページを持っていないアプリ開発会社は少ないため、ネットを利用します。基本的にアプリ開発の依頼は、ホームページを見てから行います。その会社が得意としていることや料金体系、制作事例などはホームページをチェックすれば大体分かるからです。連絡先が記載されているので、そこから問い合わせをします。具体的な話を聞いて納得ができれば、開発依頼をすることとなります。

アプリ開発に必用な費用の相場

アプリ開発に必要な費用は、ケースバイケースで変わります。どのようなオーダーをするかによって、納期も費用も変わるのは当然の話です。また、スマートフォンでもiphone用なのかAndroid用なのかによっても値段は変わります。シンプルなビジネスツールなら数百万円で作ることも可能ですが、3Dグラフィックを使ったゲームアプリなら数億円という費用がかかることもあります。搭載する機能によって、また依頼する会社によっても値段は変動します。

アプリが出来上がるまでに必要な期間

簡単なアプリでいいなら、数日でも作ることは可能です。すでに開発フローが出来上がっているアプリなら納期は短くて済みます。ECサイト構築のような仕事は開発手順が決まっているので、数日でも作ることは可能でしょう。ただし、完全にオリジナルなアプリを作ろうとすると、膨大な時間が要求されます。例えば完全にオリジナルな通訳アプリなら、言語変換エンジンの開発からしなければいけません。そのため、完成までに数年という歳月がかかってもおかしくはないのです。

アプリの企画から完成までの流れ

まずはアプリ開発の目標を確認する

アプリは目的を持って作られるものです。ですから、アプリ開発の最初の一歩は目標の確認になります。ビジネスツールなら、どんな機能を盛り込みたいか、どういった人たちに使ってもらいたいかなど、具体的に考えていくこととなります。最終的な姿を鮮明にイメージできなければ、開発をスタートさせることができません。

考えたことを企画書としてまとめる

目標設定が終われば、それを大勢の人間と共有できるよう、企画書としてまとめていきます。企画書はアプリ開発の柱となる重要なものですから、この部分には手を抜くことができません。失敗が許されない重要なプロジェクトであれば、企画書の作成に数年という長い時間をかけることもあります。

企画内容を実現する仕様書の作成

次に、企画書に沿って仕様書を作成していきます。仕様書は、ミスのないように作っていかなければいけません。数字のミスが一つあるだけでもアプリは完成しませんし、仕様書に間違いがあれば最悪作り直しということにもなります。プロジェクトの全貌を知り得ない外部のスタッフに渡すこともあるので、誰が見ても作業内容が明確に理解できるように作る必要があります。

仕様書通りにプログラミングをして完成

仕様書が出来上がれば、それをプログラマーやグラフィッカーに渡して、実際に作業に入ってもらいます。人件費の節約や完成時期を早めるために、外注のエンジニアを使うことも最近は多いです。また、プログラムが完成しても、デバッグというバグ取りの作業は残ります。

広告募集中